在庫管理システムやチャットシステムなどEC事業者様に役立つツール、サービスをご紹介しています。

主なカテゴリ

ネットショップ構築 コラム

集客対策や最新のWebマーケティング情報など役に立つEC運営ノウハウを発信しています。EC-CUBEのカスタマイズ事例も掲載しています。

サービスに関するお問い合わせ
0120-966-778
受付時間 平日 9:00~18:00
メールでお問い合わせ

リスティング担当者が知っておくと便利な関数

こんにちは、リスティング広告運用担当の山本です。

リスティングのアカウント作成、広告文の作成、キーワードの追加など、まとめてやるときはExcelを使う方も多いのではないでしょうか。
Google、Yahoo!ともキャンペーンエディターができて便利になったとはいえ、量が多いときにはやはりExcelで作業するほうが早いことも多いですよね。

そこで、特にリスティング担当者が知っておくと便利なExcel関数をご紹介します。

LEN、LENB

文字数を数える関数です。
image0426_01

「=LEN(文字数を数えたいセル)」で、文字数をカウントしてくれます。
LENBはバイト数をカウントします(全角文字は2、半角文字は1としてカウントします)。
文字数制限のある広告文を作成するときに便利ですね。

SUBSTITUTE

文字列の一部を置換する関数です。
image0426_02

「=SUBSTITUTE(変換したいセル,変換前の文字列,変換後の文字列)」で、文字列の一部を置換してくれます。
文字列はセルで指定することもできますし、””でくくって任意の文字を入れることもできます。

さらに先ほどのLENと組み合わせることで、「文字列の中にある文字が何回出てくるか」をカウントすることができます。
たとえば「=LEN(A1)-LEN(SUBSTITUTE(A1,”!”,””))」とすることで、A1の文字数から、A1の中にある!を削除した場合の文字数を引いた結果(つまりA1の中にある!の個数)を返します。
広告文の中に使える記号の数は決まっているので、これで事前に調べることができますね。

また、絞り込み部分一致のキーワードを作るときにもSUBSTITUTE関数は役立ちます。
image0426_03

LEFT、RIGHT、MID、FIND

文字列の一部を取り出したいときに使える関数です。

「=LEFT(セル,文字数)」でセルの左から指定した文字数だけを取り出します。
「=RIGHT(セル,文字数)」はセルの右から指定した文字数だけを取り出します。
「=MID(セル,何文字目から,字数)」で、セルの途中から指定した文字数を取り出します。
「=FIND(文字列,セル)」で、指定した文字列がセルの中の何文字目にあるかを返します。
image0426_04
組み合わせて使うのは慣れるまで難しいかもしれませんが、うまく使うとリストからキーワードを抽出するときなどに便利です。

VLOOKUP

別のデータベースから情報を抽出してくる関数です。

「=VLOOKUP(照合する文字列,参照するデータ,何列目のデータを抽出するか,0」という形で使います。

image0426_05

大量の広告文のURLを作るときなど、この方法を使えば時間もかかりませんし入力間違いも発生しません。

COUNTIF

たくさんのセルの中から、条件にあてはまるセルの数を数える関数です。
「=COUNTIF(数える範囲,条件)」で、条件にあてはまるセルの数を数えます。

image0426_06
同じキーワードが別のグループにも入っている、なんてときに使えますね。

まとめ

他にも役立つ関数はたくさんあります。
また、他の関数と組み合わせて使うことで大いに役立つ関数もあります。

少しでも「面倒だな。一括でやれないかな」と感じる作業があれば、関数を使って効率化できないか調べてみましょう。
作業も早くなりますし、ミスも減りますよ!

Copyright 2004- 2018 ND&I, Inc. All rights reserved.

Pマーク